タカヲさんの日記

クラウドソーシングについて、カメラ(α6300)についてなど

買ったカメラ(SONY α6300)ってどんなカメラ?

 

今回購入したのは、

f:id:takawosan:20190218145537j:plain

α6300のパワーズームレンズキットです。

購入する際にα6000と比較検討して悩んだのですが、新しい方がいいだろうということと4K動画が撮れるのでα6300を購入するに至りました。

今から書く内容は公式ホームページ記載されている内容ですが、今回はじめて知ることも多々ありそうで、私自身も勉強になることでしょう。

特長 : 決定的瞬間を逃さずものにするオートフォーカス

その「瞳」、捉えて離さない。決定的瞬間を逃さずものにするオートフォーカス

α6300は、オートフォーカスの速さがさらに進化。0.05秒の高速AFを実現しました。また、画面のほぼ全域に、425点のAFセンサーが高密度に配置されているので、複雑な動きをする被写体であっても高精度に捉え続けます。ふいに見せる子どもの笑顔や動きの速いスポーツシーンなど、かけがえのない「一瞬」を逃しません。
α6300 特長 : 決定的瞬間を逃さずものにするオートフォーカス | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

決定的瞬間を逃さない、0.05秒(*)の高速オートフォーカス

高速性と追随性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAF」が進化。画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の高速処理を最適化させたことにより、0.05秒(*)の高速AFを実現しました。動きの速い被写体も瞬時に捉えます。
α6300 特長 : 決定的瞬間を逃さずものにするオートフォーカス | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

画面のどこにいても捉えて離さない、425点像面位相差AFセンサー

425点の像面位相差AFセンサーと169点(*)のコントラストAFを画面のほぼ全域に配置。高密度な位相差AFセンサー配置により、ピントの抜けやすい小さな被写体も画面の広範囲で精度高く捉え、イメージした構図で素早く撮影可能。動く被写体に対しても、端から端まで画面いっぱいに捉えつづけることができます。被写体を捉え続ける、新開発「高密度AF追従テクノロジー」動体予測アルゴリズムが進化した「高密度AF追従テクノロジー」を新開発。被写体位置に対し、α6000の約7.5倍の密度でAF枠を集中配置させることで、より正確に被写体を捕捉。さらに、この超高密度な集中枠を被写体の動きに合わせて動的に追随させ、より精度高く捉え続けます。これにより、複雑な動きをする動体に対しても、これまで以上に正確に、より安定した追随が可能になりました。
α6300 特長 : 決定的瞬間を逃さずものにするオートフォーカス | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

最高約11コマ/秒のAF追随高速連写と最高約8コマ/秒の高速ライブビュー連写

画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の高速処理により、最高約11コマ/秒(*)のAF・AE追随高速連写を実現。動きの速い被写体の決定的瞬間を逃しません。さらに、電子ビューファインダー/液晶モニターへの表示アルゴリズムの進化により、連写中もほぼタイムラグなしで映像を表示しながら、最高約8コマ/秒の高速連写が可能。従来の撮影画像を表示しながらの連写に比べ、フレーミングがしやすくなりました。連写速度は被写体に合わせて選択可能です。

α6300 特長 : 決定的瞬間を逃さずものにするオートフォーカス | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

 

他にも色々特徴があるようなのですが、オートフォーカスでこんだけあると書ききれませんね、。、、、

続きはまた追って。