タカヲさんの日記

クラウドソーシングについて、カメラ(α6300)についてなど

Tech Boostの無料カウンセリングに行ってみた2

f:id:takawosan:20190307102944p:plain

予約方法

無料相談を予約したところ、すぐにメールが届きました。
日程を選択するサイトにアクセスすると、日程と時間、予約ボタンが分かりやすく並んでいました。
一目で必要な操作が分かります。
予約ボタンを押すとすぐに予約確定情報が表示され、その旨の連絡メールが届きました。

f:id:takawosan:20190307103023p:plain

前日の遅い時間に予約し、当日の朝に変更というバタバタな状況でしたが、丁寧なメールを送付いただきました。
信頼できるご担当者と好感を持ちました。
サイト内で日程変更ができるようであれば、更に便利だったと感じています。

カウンセリング当日

アクセス

f:id:takawosan:20190307103124p:plain

日曜日のカウンセリングのため、渋谷分室のNavi渋谷Vでの無料カウンセリングでした。Naviビルは10階だてですが、「TRIBE」という大きな看板が目立つビルでした。
企業の看板が9階の企業まででていました。10階のブランディングエンジニアは看板はありませんでした。10階も看板を出すと分かりやすいと感じました。
また、アクセスには、渋谷駅から、マークシティビルを道玄坂方面に抜けた出口を出て、109方面の通りに横断歩道を渡り、坂を1分位登るビルでした。その旨HPに記載があればよいと感じました。

到着して

ビルの前に到着し、ビルが閉まっているため、無料カウンセリングの担当者tech boostの校長山口さんが、1階まで迎えに来てくれました。
黒に赤の文字でtech boostとロゴが入ったTシャッを着ていました。

f:id:takawosan:20190307103207p:plain

10階まで移動し、ブランディングエンジニアのスペースに入ると、廊下の右手にガラス張りの教室があり、真っ白な壁、真っ白な大きな机で4名学習していました。
そのうち、2名は、メンターと生徒のようで話をしながら作業を進めているようでした。カフェスペースを通りすぎ、黒の壁に赤の布でtech boostという看板が見えます。
お手洗いを借りました。
清潔で綺麗なトイレでした。
麦茶をいれていただきました。
そして、待ち時間はあまりなく、カウンセリングはスタートしました。

カウンセリング

楽しく伺いました。
私の現在の職業を質問され、ネットワークエンジニアであること、最近は、大手Ciscoがネットワークエンジニアもプログラマーの能力が必要となるような製品を開発し、就業先の企業でPythonの技術試験を推奨しているというお話をしました。
実際、私はPyQというサイトでPythonの学習をしているため、「作る」という意味でのカリキュラムについて質問をしました。
こちらから、エンジニアの求人についてご質問したところ、丁寧にインターネットを検索しながら回答いただきました。
山口さんのプログラム学習の方法などもうかがい、続いて、スライドをみながら、tech boostについて、Webサイトに掲載されている内容+αの説明を受けました。

終わって感想

カリキュラムで「ブロックチェーン」を提供しているのは、tech boostのみということでカリキュラムは実務と求人傾向を考えて作られていると感じました。
また、講師も現役エンジニア(フリーの方が多い)が1名メンターとしてつき、対目でもオンラインでもどちらでも対応可能ということでした。
Pythonに興味がありましたが、需要の多いPhpの習得にも心惹かれました。
カリキュラムを受講する目安の時間を伺い、月謝制であると、高額な金額を分割払いできるという発想であればお得かなと感じました。
Javaではなく、JavaScriptの講座にしたのは何故かと質問したとき、現在のSierで使われている技術によらないようにしています、という回答が返ってきたのには驚きました。
Sierが企業の要望に応えるためにやっていることや、やり方はずっと業界で観て知っています。
山口さんは、「その働き方を変えるのが目的の一つ」という内容をお話されていました。
企業が高い目標を持っていることがわかりました。
シリコンバレーの動きを意識しているようでした。
宮崎県がIT企業を誘致しており、その企業の1社がブランディングエンジニアというお話も伺い、50分程度でしたが、とても色々なことを知る機会となったカウンセリングでした。